輸入通関業務

昨年お客様からのご依頼で,アメリカからホーストレーラーを輸入です.

昨年のクリスマスに着岸し,輸入通関業務のため,大黒ふ頭にて年始初業務です.

検査対象になったので,不審な貨物の有無をX線で検査します.

この後は,日本法規に適合するように改善修理を行いナンバー取得になります.

海外からの輸入代行も喜んで承ります.

船の通関業務の備忘録

  • InvoiceとBILL OF LADING(B/L)について確認する。B/LはSurrenderにして欲しい旨伝える。
  • 船会社からARRIVAL NOTICESがFAXで届き、本船の入港日と海上運賃を確認。
  • 保税場所も確認して、搬出料金を事前に振込する。(現地では現金回収しないため)
  • 書類の作成
    • 輸入納税申告書(消費税税率 本税6.3% 地方税 17/63)税関様式C-5020
    • ARRIVAL NOTICES(写し)
    • Invoive + 海上運賃明細 + 海上保険料明細
    • B/L
    • 証明書交付申請書(内容:自動車通関証明書、必要事由:陸運支局登録の為、枚数:1枚、金額:400円)税関様式C-8020
    • 自動車通関証明書(空欄部は斜線)税関様式C-8050 2通
    • 現車写真(参考に)

<通関日>

  1. 船会社にてDELIVER ORDER(D/O)とB/Lの交換
  2. 税関にて書類提出
  3. 許可ならば、納税して、許可証を持って保税蔵場所へ貨物の引取り。
  4. 検査ならば、検査表をもって保税蔵場所へ引取り、税関検査場へ貨物の移動。
  5. 検査終了後、検査表を提出し、納税。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください