キャンピングトレーラー 通関 2019y HYMER ERIBA TOURING 310 60周年記念モデル

本日は、Hymer社 ERIBA TOURING モデルのキャンピングトレーラーの通関業務です。

トレーラの紹介は次回します。

3月初頭にドイツを出向した船が昨日の4月10日に入港しましたので、本日、輸入通関業務をして参りました。

毎度、一連の流れを忘れてしまうので書き留めさせていただきます。

  1. Arrival Notice(貨物到着案内)が船が入港する前に船会社からファックスされます。この時にNotify Partyに書かれているところに連絡されます。
  2. 本船の入港 引き取り可能日の確認します。
  3. アライバルを船会社に持って行き、D/O(Delivery Order)をエクスチェンジします。この時にアライバルの裏には裏書き(引取会社名・氏名)が必要です。
  4. 通関業務 必要書類は、インボイス(INVOICE 仕入書)、B/L(BILL OF LADING 船荷証券)、アライバルノーティス、法人番号になります。これをもって電子申告で手続きをしていきます。問題なければ輸入許可になりますが、いつもX線検査をしています。その際には、輸入許可の前に保税倉庫から車両を引き取ります。
  5. 輸入許可 許可されたら続いて、納税です。関税と消費税ですが、中古自動車は関税が免税ですので、消費税だけを収納部門に支払います。ちなみにレートについては、税関の外国為替相場(課税価格の換算)で確認します。収納部門で支払った領収書を見せると、輸入許可通知書を頂けます。
  6. 自動車通関証明発行 輸入許可通知書を収納部門に、税関様式の証明書交付申請書を1部・自動車通関証明書を2部添えて提出します。自動車通関証明書1部発行につき400円の収入印紙が必要です。収入印紙は、ヨコレイ裏側の生協で売っています。証明書交付申請書の裏面に貼付けて納付です。税関印が押され自動車通関証明書の1部が返却されます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください