M.BENZ E320 CDI アバンギャルド

2007年式 Eクラス通称W211後期モデルの ステーションワゴンです。

エンジンは排気量3.0リッターのディーゼルターボになります。

こちらの車両もオートオークション仕入れではなく、ディラー下取り車になります。

ワンオーナー車両になり、ディラー管理ユーザー車両ですので、点検整備もしっかりしており、

過走行ではございますが、エンジン・AT機関は良好です。

では、実際に走ってみた感想は、エンジンスタート時にグローランプの確認を忘れて、おっとディーゼルだった・・。

室内に乗っていると、ちょっと大げさかもしれませんが、ディーゼル車と感じさせない振動です。

エンジンマウントがくたびれているガソリン車の方がうるさいです。

アクセルをぐっと踏み込んでみると、とても力強い加速をし、こんなに良いんだって感じることでしょう。

しかも、特に黒煙を出すようなこともありませんが、後期モデルの車両ですが、車両の汚れ防止のために、リアマフラーは下向きに取り付けられていることも、機能を優先させている設計はとても合理的でベンツらしさを個人的に感じさせます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください