ECHELON ガラスボディーコーティング NANO-FIL施工

今回も新車へのコーティング施工です。今回は、ECHELONシリーズのNANO-FILを使用してみました。

NANO-FIL最大の特徴は、初期安定性による被膜へのダメージの軽減と圧倒的な膜厚感を持ちながら作業性の向上など総合的に大幅な性能向上を実現した事と、ガラスでありながら柔軟性を持つという新開発の3Dネットワーク構造被膜にあります。この開発の最大のポイントは、ガラス被膜や被膜硬度といったスペックにこだわるのではなく、コーティングの基本である、塗装を保護し美観を長期間維持するということを追求したことです。その結果としてこれまでにない新しい概念の構造被膜が誕生しました。従来のガラス構造被膜は、均一な立体架橋構造を持った単一的な被膜で、ガラス被膜としての硬度は十分に発揮できますが、柔軟性に欠けており、塗装面への追従性の限界やキズなどのダメージに対する回避能力に劣る部分がありました。それに対して新開発の3Dネットワーク構造被膜は、三次元網目構造のガラス被膜中に均一で直鎖構造を持った強固なつなぎ目が存在することによって、ガラス被膜としての硬度を保ちつつ、優れた柔軟性と塗装面への追従性を実現しました。

メーカーホームページより

このNANO-FILは、本液と硬化液を混ぜ合わせて使いますが、多少粘度があり塗布後ガラス皮膜をしっかり形成します。よって、塗布して少し放置してしまうと硬化が始まり拭き取りが困難になりました。昔に試しに利用した便器用のガラスコーディング剤によく似ていました。

他のシリーズに比べて施工に注意が必要なモデルでしたが、仕上がりはとても綺麗でした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください