1979y Mercedes Benz SL350 R107 燃料タンク脱着

約15年間放置されていたR107 

予想通り燃料ポンプが動かない。ポンプを外して清掃しようとポンプを外したら、泥水がタラタラ。泥のような腐ったガソリン。タンクの中は、腐ったガソリンと錆びがいっぱいです。しかも、純情ではない程。仕方ないので、ガソリンタンクを外して洗浄作業へ。

まずは、トランクルーム奥のパネルを取り外す。

  

続けて、ソフトトップ格納庫にあるサービスホールから燃料計コネクタを取り外す。  

燃料タンク上のチャコールキャニスター、燃料ポンプ、フューエルネック、リターンホースを外したら、見事に外れました。

   

ここまで、固着している部品達で大変な作業でした。

明日は、遂にタンク内をトイレ用洗剤サンポール?で内部洗浄へ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください