まるでジブリの世界

車輌査定買取案件で伺った自宅と車が、ジブリ美術館??

建物は、明治初期に建造された建物は和洋折衷とおっしゃっていました。とてもモダンなデザインでした。そこに、半分近くは土に返っている1950年から1960年代のベンツ達は、まるでラピュタの天空の城状態でした。Ponton 220S 通称 ダルマベンツ、ハネベン、グロッサー、W111の280SE coupe 3.5 とてもベンツ大好きっ子がうかがえます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください