高性能断熱フィルム≪シルフィード≫&ガラス系コーティング≪エシュロン≫の施工

シルフィード室内からの可視性良好

先日、ご用命を承りましたカーフィルムとガラスコーティングの施工しました。

カーフィルムは、断熱性の高い『シルフィード SCタイプ』可視率20%での施工です。なお、シルフィードには、下記の2種類あります。

■SCタイプ
赤外線に対して吸湿性の高い金属酸化物ITO(酸化インジウムスズ)からなるセラミックを使用し、断熱性能を高めています。透明性も高く、長時間にわたって効果が持続します。

■FGRタイプ
透明タイプの断熱フィルムです。FGR-300金属酸化物(酸化インジウムスズ)を使用、FGR-2500は金属スパッタリングタイプです。FGR-300は可視光線透過率が高いので運転席、助手席(※1)に貼ることが可能です。(※可視光線透過率70%以上確保できる車に限ります。)

さらに、カーフィルムは車輌に合わせてコンピュータカットされてきますのでとても綺麗に仕上がります。(ただし、コンピューターカットに対応していないモデルもございます)

 ガラス系ボディーコーティング

ボディコーティングは、既に施工してある『エシュロン』を再コーティングで行いました。

欧州車の塗料は、VOC規制が厳しく有機溶剤(シンナー等)での塗装は禁止されており、水性塗料で塗られています。このために、昔のベンツは塗装が良かったと良く聞きますが、ヨーロッパでは、個人のエゴよりも環境のエコを優先している為に、仕上りとコストも犠牲にして水性塗料で塗っているのです。

ただし、水性塗料といっても絵の具ではないので、水で溶けてしまうことはありません。有機溶剤塗料に比べて酸性雨にとても弱いため、クリアー面を表面を犯してしまう水垢(ウォータースポット)が大変付きやすいのです。また、ツヤが引けてしまうこともあります。

そこで有効な手段が、ボディコーティングです。その中でも強い被膜を持つガラス系コーティングは、愛車をいつまでも美しく保ちたい方にはお薦めです。

施工少々解りづらいですが、左側が施工車輌です。

[[ 参考価格 ]]
 SC-7020透過率20% リア3面 66,000円
 エシュロン 再コーティングパック 46,200円

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください