遠隔操作で車両診断

2年前に弊社で販売したフォルクスワーゲン・ポロ(6R)のお客様が、神奈川県から約1,000Km先へお引っ越しされました。

ポロ自体も見かけたことが無いようで外車を嫌煙される整備工場しかないと常々嘆いていました。そんな中、遂にエンジンチェックランプが点灯してしまい最寄り工場では確認ができないということで、弊社から診断機を送り本日遠隔操作し、故障メモリを確認。

先方の工場に診断結果と故障箇所を伝えて交換していただくことになりました。本日は改めてインターネットはとても便利な媒体なことと遠隔操作ツールの素晴らしさに実感しました。

また、以前に整備工場にて車検は行ったようなのですが、診断機が無いと言うことでインスペクション等のメッセージが表示された状態でしたので、本日の経過日数に合わせて設定いたしました。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください